少女文學演劇「雨の塔」

【オフィシャルレポート】少女文學演劇「雨の塔」開幕!全公演 終演直後のキャスト生コメント付きLIVE配信も決定!

2021 年 3 月 19 日(金)に新国立劇場・小劇場にて、少女文學演劇「雨の塔」が開幕いたしました。
脚本・演出には児玉明子を迎え、出演は乃木坂 46 の中心メンバーである松村沙友理をはじめ、若手女優として注目を集める高月彩良、高い演技力と歌唱力の七木奏音、藤本結衣ら 4 人の人気・実力を備えたキャストが集結した本作。
『雨の塔』に登場する 4 人の少女達【三島敦子、都岡百合子、矢咲 実、小津ひまわり】の世界を、同室の 2 人を中心にした、三島・都岡 Ver.と矢咲・小津 Ver.の 2 組の視点から描くことにより、作品をより深く、立体的にお楽しみいただけるような構成となっております。

キャストコメント

松村沙友理(乃木坂 46) 三島敦子役

稽古を重ねて雨の塔の世界観を感じれば感じるほどどんどんとハマっていきました。
早くこの世界を観てほしいという気持ちと私に三島敦子をどこまで伝えられるだろうかという不安とどちらもありますが、四人で過ごせる今を楽しみたいと思います。
二つのバージョンがそれぞれ本当に違った雰囲気とお話になっていてぜひ両方みて 雨の塔をどっぷりと感じてもらいたいです。配信もありドキドキしています。
よろしくお願いします!

七木奏音 小津ひまわり役

はじめに…みんなで こうして劇場まで来ることが出来て本当に幸せです。最後の最後まで小津の隣で 側で 彼女をそっと見守り寄り添い続けたいです。これまでに過ごしてきた時の中で出逢ったできごとや大切な方を、ふと思い返してしまう。そんなひと時が、ご観劇いただいた皆さまに訪れてくれたら嬉しく思います。そしてここで生きる 4 人の少女たちの想いに触れ、この空間を温度を色を香りを感情を、この雨の塔を一緒に過ごせること、楽しみにしています。

藤本結衣 都岡百合子役

初めてこの作品を読ませて頂いてから稽古が始まりこうして舞台の幕が開くまで本当にあっという間の日々でした。本当にキャストの皆さんが素敵でその時その場に生きている三島、小津、矢咲として都岡に接してくれるので毎回通しをする度に新しい気付きや新しい気持ちが生まれてきたりしますし、きっとこれは本番が始まっても積み重なっていくんだと今からとても楽しみです。
言葉はもちろん、歌や振りなどからもこの学校の中で生きている少女たちの息遣いまで感じて頂けるような作品になっていると思います。ぜひ劇場で、生配信で皆様に私たちがどの様に生きているのか見届けて頂けると嬉しいです。

高月彩良 矢咲 実役

稽古を繰り返すほど進化し続けていく「雨の塔」原作の美しい世界観や、少女の頃にしか感じられない真っ直ぐな想いに洗練されていく毎日です。
2Ver.上演、客席に囲まれたステージ、色々な角度から見ることのできる特別な舞台です。
残るものが違ったり、どこに視点を合わせご観劇頂けるか、ご覧頂く皆様の色々な想いを乗せてもらえるような舞台になったら良いなと思っております。劇場・配信でお待ちしております!

【STORY】
資産家の娘だけが入学できるこの学校では、衣服も食べ物も思いのまま。
だが自由と情報は与えられず、少女たちは閉ざされた世界で、家のための“駒”として使われる日を待つばかり。
そんな彼女たちの間にいつしか芽生えたのは、、、愛情、関心、嫉妬、執着。
そして一通の手紙が四人の運命を変える―。
≪三島・都岡 Ver.≫
誰もが名前を聞いたことのある財閥の妾腹の娘として産まれた三島(松村沙友理)は、その従順な友人の都岡(藤本結衣)と二人だけで完結した世界で過ごしていた。矢咲と出会った三島が…外の世界で見たものは。
≪矢咲・小津 Ver.≫
「この世の果て」のような場所にある大学の寮に入学してきた矢咲(高月彩良)、同室となった小津(七木奏音)。矢咲がここに来た理由、小津の心の絶望が惹き合い、二人は手を取り合って進むはずだった…

少女文學演劇「雨の塔」

少女文學演劇「雨の塔」

少女文學演劇「雨の塔」

少女文學演劇「雨の塔」

少女文學演劇「雨の塔」

少女文學演劇「雨の塔」

関連記事一覧

  1. No comments yet.