Juliet aria『DustBunnySHOW』

【レポート】Juliet aria『DustBunnySHOW』いよいよ明日開幕!

加藤ミリヤ BoA、椎名林檎などのアーティストをはじめ、2015年にマドンナワールドツアーのバックダンサーを務めるなど世界的に活躍、最近ではダンスアーティスト/女優として活動する仲 万美。彼女のアートプロジェクト“Juliet aria”の第1弾となる『DustBunnySHOW』。
2021年4月に予定していた全公演が中止となりましたが、この度11月7日(日)に東京・品川プリンスホテル クラブeXにて、いよいよ開幕を迎えます。

本作『DustBunnySHOW』では、仲 万美をはじめ、ポールダンス・アイドル・バレエ・アクロバット・ブレイクダンス・ヴァイオリンといった多種多様な世界的パフォーマーである女子8人が出演。脚本・演出は、芝居と歌、ダンスを融合させたエンターテイメント性の高い舞台を得意とする三浦 香が務め、各々が極めるパフォーマンスで、観客をダークファンタジーの世界へと誘います。

才能溢れる若き8人の女性が織りなす、美しい悪夢に閉じ込められたかのようなダークファンタジーショーJuliet aria『DustBunnySHOW』をお楽しみください。
本稿では、初日公演に先立って行われたゲネプロの模様(写真掲載:10枚+動画3分)と、コメントをお届けします。

ゲネプロ ダイジェストムービー

脚本・演出:三浦 香 コメント

今年の4月〜5月にかけて上演予定だった本作が中止となったときには
余白なんてない!ほどに作り上げた気持ちでした。
しかし此度、二度目のチャンスをいただき、それぞれが空白の半年をぶつけ合った結果、全てを壊す時間をいただき全員で一斉に再構築できた作品となりました。
過去を振り返ることに意味はないかもしれませんが過去を乗り越えることに意義を感じながら、まだ誰にもお披露目できていないDustBunnySHOW をカンパニー一丸となりお届けしたいと思います。
たった2日間のショーステージ、多くの方に不思議なダークファンタジーの空間を堪能していただけたらと思います。どうぞよろしくお願い致します!

仲 万美 コメント

Juliet aria『DustBunnySHOW』半年前の無念を晴らせる。
やっとだ。
と言った気持ちが充満しております。
この状況下の中、初日を迎えることがこんなに嬉しいなんて。
カンパニー一同、稽古の時からずっと恐怖心・警戒心・不安感・様々な感情に気が気じゃなかったと思います。
勿論こちらを読んで下さっている皆様もだと存じます。
でも、やはり人間は娯楽がないと生きていけません。
こうして無事に初日を迎えると思うと嬉しさと同時に、この舞台にて皆様の娯楽に花を咲かせることが出来たらと期待に胸膨らませています。
そして、「誰がタイプでしたか!?」と言わんばかりの錚々たる美しい女カンパニーです!
是非そちらも楽しみの一部として、ご照覧ください!

<STORY>
リアルかフェイクか分からない情報が飛び交う世の中に、都市伝説のようなショーがあった。
その名も「DustBunnySHOW」。
Mr.Black(日野陽仁)に拾われた、感情を失ったダンサー(仲 万美)が連れてこられたのは、彼が支配する豪華客船「DustBunny」だった。
ダンサーはバニーと名付けられ、7 人の女性パフォーマー、Code:R(acha(亞蝶))、Code:G(MikaT)、Code:B(松本ユキ子)、Code:W(小林由佳)、シアン(諸橋沙夏)、マゼンタ(七瀬恋彩)、Y(あさいまり)と出会う。
まるで自分と似ている彼女達に失った感情を抉られたバニーが「DustBunny」の中で選ぶ道とは…。
——埃を纏ったウサギでいるか、誇りを持ったウサギになるか。
才能溢れる若き 8 人の女性が織りなすダークファンタジーショーが、ここに幕を開ける。

Juliet aria『DustBunnySHOW』

Juliet aria『DustBunnySHOW』

Juliet aria『DustBunnySHOW』

関連記事一覧

  1. No comments yet.